<   2008年 02月 ( 10 )   > この月の画像一覧
洋服
プードルのクーガー君です。

赤の綿生地。首周りと縁取りに可愛いファーを付けてみました。
似合ってるでしょう(^_^)v

f0011526_12135553.jpg

by top1club | 2008-02-29 12:14 | オーダー洋服ギャラリー
レインコート
パピヨンの小春ちゃんです。

イタリア調の生地で裏にフリース付けて作りました。
これで、外遊びも温かいかな(^<^)

f0011526_13333813.jpg



maxのワカちゃんです。

小春ちゃんの色違いの生地で作りました。
もちろん外遊びが大好きなので裏に温かいフリース付けてます。

f0011526_1411055.jpg

by top1club | 2008-02-27 13:40 | オーダー洋服ギャラリー
ちょこっと小耳話
SG札幌営業所の今月のコメントの紹介 パート8 最終章

今回はなみだ目をテーマに色々とご案内してまいりましたが、目は漢方では肝臓と深い関係がある器官です。
身体の体液が乾燥して喉が渇き、目の縁が赤く痒くなる場合は肝臓の機能が弱り栄養分の(血)や水分が不足しておきる場合や、肝臓の(熱)が体の上部に上がってきておきる場合とがあります。いずれの状態も目は乾き、赤くなってかゆくなり炎症を起こします。
目が渇くから涙を放出させる、その繰り返しが肝臓の中の体液を奪い、より乾いてしまうのです。
フードを代えても目やにが多くでるようであれば、一度血液検査をしてみるのもよいでしょう。
肝臓が弱って植物アレルギーを起こして目に炎症を起こしてる場合も、フードの蛋白源を代えてみましょう。
by top1club | 2008-02-13 13:31 | トップワンクラブニュース
ちょこっと小耳話
SG札幌営業所の今月のコメントの紹介 パート7

目が赤くなって乾く子には、ジャガイモ、卵、タラ、牛肉、牛レバー、鳥の砂肝、脂肪の少ない豚のひき肉、やわらかく炊いた玄米、野菜では、セロリ、ほうれん草、レタスは、炎症を直すのを助けてくれる食事です。SGJ缶には該当商品がおおよそ入っています。
ペットの中には鶏肉や穀物でアレルギーを起こす子もいますが、肝臓の(血)が強化されると、食物アレルギーが消えて鶏肉や穀物を段々食事療法に取り入れられるようになりますよ。
by top1club | 2008-02-11 12:20 | トップワンクラブニュース
ちょこっと小耳話
SG札幌営業所の今月のコメントの紹介 パート6

  (なみだ目対策)

お茶にして飲むメグスリノキってご存じですか?
その煎じたお茶で目を拭いてあげるととっても綺麗になるそうです。
沁みたりもしないので、痛みがあって痛がるワンちゃんも黙ってさせてくれるそうです。

試してみてはいかがですか?
by top1club | 2008-02-10 12:55 | トップワンクラブニュース
ちょこっと小耳話
SG札幌営業所の今月のコメントの紹介 パート5

    (風池)(ふうち)

頭の後ろの首をマッサージしてあげるととても気持ちがよくて、何度も要求するペットは、やはり熱が上部に上がってきているとみて良いでしょう。

(風池)というつぼがあります。
頭の後ろで首の両側にあるくぼみにあって、背骨と耳の下の中間にあるつぼですが、目の熱や赤みも取り去ります。
by top1club | 2008-02-09 12:20 | トップワンクラブニュース
ちょこっと小耳話
SG札幌営業所の今月のコメントの紹介 パート4

   (ラム肉の長所・短所)

ラム肉は、身体を温める作用のある食物です。
寒い季節に最も合う食事ですが、パート3に書いた身体に熱を持ちやすい体質の子には逆に涙やけの原因になったり、ってんかんの頻度が上がったり等熱をもったゆえの弊害が起きています。そういった子には夏は、ラム肉を避けるのはもとより、冬場でも、魚を蛋白質としたホリスティック・ブレンズと混ぜて使ってみましょう。
フードを代えるだけで、改善してしまうケースが多少あります。
by top1club | 2008-02-08 12:04 | トップワンクラブニュース
☆お知らせ☆
2月11日(月)建国記念日は、営業します。

振替休日で12日(火)はお休みさせていただきますね_(_^_)_
by top1club | 2008-02-07 14:06 | トップワンクラブニュース
ちょこっと小耳話
SG札幌営業所の今月のコメントの紹介 パート3

   (S.G.J。グルメ缶詰 )

今回リューアルした缶詰は、グルメ嗜好のペットを必ずや満足させる力のある美味しい商品です。
ペットも体も東洋医学でいう熱をもつ体質とそうでない子がいます。
ドライフードは、それ自体、身体に熱をもつ食品です。
身体の熱を逃がしてあげる食べ物の1つに缶詰があります。
涙やけのペット、口をよく開けて空中をなめようとペロペロする癖のあるペット、てんかん、便秘気味のペットに熱をあまり溜めない缶詰をうまく利用して、体調を維持してあげましょう。
ドライフードでは、ホリスティック・ブレンズがお勧めです。

S、G、J、チキン・オーツ&野菜缶(380g)525円
S、G、J、子羊肉・七面鳥&野菜缶(380g)525円

ジブロックパックに薄くのばして冷凍して保存すると、必要な分いつでも風味を落とさずに美味しくいただけますよ。
 
by top1club | 2008-02-07 13:16 | トップワンクラブニュース
ちょっこと小耳話

SG札幌営業所の今月のコメントの紹介 パート1

 (外で飼っているワンちゃんのお水)

毎日寒さが厳しいですが、外で飼っているワンちゃんのお水はあっという間に凍ってしまいます。でも雪があるから水がなくても大丈夫なんて思っているかもしれません。でも雪を食べると体力が消耗して、この寒い季節を乗り切る体力をどんどん奪っていきます。
犬もわかっているようで雪を食べてる犬なんて我々まず目にしないですよね。
お手数でも食事の都後・新しい水を用意しましょう。
また犬は皮下の脂肪が厚いので、寒さに強く、逆に猫は弱い動物です。
歌にもありますね”猫はコタツで丸くなる~”
その貯えの脂肪を使って体内自家発電で身体を温めていますので、脂肪が少なくなるといくら犬でも寒さは堪えます。
食事の量を増加して、プラスオリーブオイル、ごま油、サーモンオイル、シソ油などをフードにかけて脂肪分を補ってあげましょう。
 SGJのブラックスオイル(3203円)もあります。
by top1club | 2008-02-05 11:48 | トップワンクラブニュース


S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29
タマス